中性洗剤、アルカリ性洗剤ときたら、次は酸性洗剤!

 

 

ハウスクリーニングの詳しいメニューはこちらからどうぞ

 

 

酸性洗剤

 

 

どんな洗剤?どんな種類があるのでしょう?

よく見るこれも。

 

サンポール

 

 

 

 

 

 

例えばこんな洗剤です。

 

「サンポール」とか、とても有名ですよね。

 

酸性洗剤はいろいろな箇所に有効ですが、実はその扱いはとても難しいです。

まったく知識がない状態で使用すると、対象となるものを破損させてしまうこともありますので注意です。

 

ここでは一般家庭の水回り、特にトイレについてお話しします。

 

尿石ってご存知ですか?

 

昨今とてもトイレをキレイにされているご家庭が多いのですが、

古いトイレの溝の内側等、びっしりと茶色い汚れが付着している場合があります。

底の部分にも見受けられることがあります。

この茶色くこびりついたものが尿石です。

 

あれは〇〇〇ではなく、尿石です。

 

試しにこすってみてください。かたくてなかなか除去できません。

 

 

尿石・・・・尿に溶けているカルシウムイオンが濃縮、炭酸などと反応、カルシウム化合物として便器の内側、配管の内部に付着・沈積したもの(Wikipedia)

なんです。

 

酸性洗剤、例えばサンポールの得意技は、そんな尿石を落とすこと。

 

なぜなら、尿石はアルカリ性だから。

酸がアルカリを溶かすわけです。

サンポールは家庭用洗剤です。PH値は約1、クエン酸(約2)よりも強く、塩酸が9.5%含まれています。

※一般に6より低いのが酸性

ハウスクリーニング業者はさらにその3倍ほど強力な尿石除去剤を扱うこともありますので、取扱いにはいつも気をつけております。

 

 

尿石、水垢、サビは酸性洗剤を使って除去します

 

尿石だけではありません。

アルカリ性の汚れは酸性の洗剤で除去します。

お風呂場床とか壁に白く浮き出たもの、それは石鹸カス。

これもアルカリ性の汚れで、浴室の美観をとても損ねてしまいます。

 

石鹸カスも酸性洗剤がほぐしてくれます。

ただし、テレビCMでやっているような、スプレーすれば擦らずキレイに、というわけにはいきません!

(注)この場合はサンポールではない酸性洗剤となります。

 

 

酸性洗剤は、トイレとか浴室とか、水周りにとても役に立ちそうなイメージですね。

 

 

 

ただし、酸性洗剤は金属を黒く変色させてしまうので要注意です。

 

金属が焼ける?

酸性洗剤はサビの除去に有効ですが、長時間つけておくと、逆に金属を変色させます。

タイルの目地や大理石、コンクリート表面も溶かしてしまうので注意が必要です。

 

 

そしてもうひとつ、

 

・酸性洗剤は塩素系漂白剤と絶対に混ぜないこと

 

「まぜるな危険」とはまさにこのこと。 酸性洗剤と塩素系漂白剤が混ざ有毒ガスが発生します。

おかしな表現ですが、いわゆる口臭のニオイ?がします。

最悪命を落としかねません。絶対に気をつけないといけません。

お風呂場のカビ取りなどに使う塩素系漂白剤、これをつかった後に酸性の洗剤は使わないことです。

 

手におえない場合はハウスクリーニングをどうぞ。

 

トイレや浴室などのクリーニングはぜひおまかせ下さい。

 

シャボン2017_4_11