こんなはずでは・・・ 苦労してお掃除したのに、洗剤で素材が変色、台無しに。

 

 

 

そんなくやしい思いをしたことはありませんか?

 

 

ピカピカにみがいてきれいにしたつもりが、

 

 

 

色が変わってしまったり、色が落ちてしまったり。

 

 

なんだか以前、好きなデザインのシャツを洗濯したら、色が落ちちゃったときと同様、

 

 

ダメージは大きいですよね。

 

 

 

 

そんな、色落ちや変色について、いくつかピックアップしてみます。

 

 

 

 

禁断1

【洗剤と変色】 アルミとアルカリ性洗剤

 

 

 

アルミ製の窓サッシに苛性ソーダを使ってあらったら、変色してしまった。

 

 

 

苛性ソーダはアルカリ性です。

 

 

アルミサッシは通常、表面に保護剤が塗られているのでアルカリ性の洗剤で洗っても新しいうちなら大丈夫です。

 

 

しかし古くなっていくと、保護剤が弱くなりアルカリ性洗剤により腐食してしまうので注意が必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、アルミのおべんとう箱を食器洗い機に入れて洗ったら、白く変色してしまった!

 

 

なんてことを聞いたことはあるでしょうか?

 

 

 

食器洗い機に使う洗剤は、弱アルカリ性。

 

アルミ製のおべんとう箱がアルカリ性洗剤により、表面が変質してしまって白くざらざらになってしまったんですね。

 

 

 

弁当箱や鍋などのアルミ製品には、表面にアルマイトという薄い膜に覆われています。

 

 

 

この膜がアルカリ性に弱いのですね。

 

 

 

アルマイトが剥がれてアルミがむき出しになると、水酸化アルミニウムが出てきます。

 

 

 

 

この水酸化アルミニウムが白く変色した部分なんです。

 

 

 

 

 

いずれにせと、元にもどすのは無理・・・・・

 

 

気をつけないといけません。

 

 

 

 

禁断2

【洗剤と変色】 大理石とアルカリ性洗剤・酸性洗剤

 

 

 

大理石の水垢を落とすために酸性洗剤を使って、シミができてツヤが落ちてしまった。

 

 

 

 

 

大理石や御影石はお掃除が大変です。

 

 

 

 

玄関では外の汚れがしみこみ、お風呂場では水垢やカビの汚れがついてしまいますが、洗える洗剤は限られてしまいます。

 

 

大理石の主成分は炭酸カルシウム、酸性にもアルカリ性にも弱いです。

 

 

 

水拭きが無難、もしくは中性洗剤。

 

 

 

弱アルカリ性洗剤もOKといわれていますが、たとえ弱でもアルカリ性洗剤を使うときにも注意が必要です。

 

変色しないように、なるべくうすめて使いましょう。

 

 

 

 

お風呂場の水垢には酸性洗剤を使いたいところですが、大理石や御影石はとりわけ『酸に弱い』のです。

 

 

 

大理石にはとても細かい無数の穴があいていて、そこから染みこんだものがカビや菌などが増殖する原因となります。

 

 

 

酸性洗剤が石に染みこむと、ツヤがなくなりシミができてしまいます。

 

 

 

高価な素材ですので、とりわけ気をつけたいところですね。

 

 

 

 

禁断3

【洗剤と変色】 ステンレスと酸性洗剤

 

 

 

 

酸性洗剤で蛇口を磨いていたら、黒ずんでしまった。

 

 

 

尿石や水垢の汚れを落とす酸性洗剤ですが、金属を腐食させる働きもあります。

 

サビはこの原理で、酸性洗剤で腐食させて落としますが、サビていない部分にも影響が出る場合があります。

 

 

 

 

例えば・・・・・・・、

 

 

 

蛇口につきやすいカルキ、これも酸性洗剤を使って落とせます。

 

 

ついでに蛇口を磨くと、とてもきれいになりますね。

 

 

水垢が落ちてピカピカになります。

 

 

しかし、これで欲を出してしまうと大変、酸性洗剤をつけて長時間放置してしまうと、

 

 

ステンレスが酸で焼けてしまいます。

 

 

酸で焼ける=黒く変色してしまうのです。

 

 

 

ですので、

 

 

放置しない、すぐに水で流す、しっかり拭き取る

 

 

を、徹底してください。

 

 

 

もし黒く変色してしまったら、

 

 

 

メラニンスポンジを濡らしてこするか、コンパウンドで磨いてみてください。

 

 

 

うまくいけば、変色した部分がうすくなるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

禁断4

【洗剤と変色】 フローリングと洗剤

 

 

 

フローリングにアルカリ性洗剤を直接吹きかけたら白っぽく変色してしまった

 

 

 

 

 

フローリングは、アルカリ性か酸性のどちらかに思いっきりかたよったら変色してしまいます。

 

 

それらの洗剤をつかって長時間触れさせていると、表面のコーティングもフローリング自体もダメージを受けてしまうことがあります。

 

 

 

表面のクリアコーティングは、フローリング本体を保護してくれます。

 

 

 

なので、ちょっとやそっとでは大丈夫なのですが、

 

 

 

洗剤の原液をこぼしたまま放置すると、溶けて変色してしまうことも。

 

 

とけた部分がにごって白くみえてしまいます。

 

 

 

クリアなコーティング部分が溶けてザラザラになって乱反射、そう、スリガラスのみたくなって白く見えてしまうのですね。

 

 

 

それでもコーティングがされていればまだいいです。

 

 

 

古くなりコーティングが劣化してしまっていたら、

 

 

 

フローリング自体がダメージを受けて白く変色してしまうことも。

 

 

 

 

 

こぼしてしまったら、放置せずすぐに拭きとりましょう。

 

 

 

これが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

以上、よく取り上げられる変色を書いてみました。

 

 

知っていても、その汚れがなかなか落ちないと、ついいろんなことを試そうとしてしまい、

 

 

 

禁断の手段、

 

 

 

強い洗剤をついつい使ってみたくなってしまうものです。

 

 

 

 

大体の場合、使用してすぐに水で流せばよいのですが、

 

 

 

うっかりすすぎをしないまま、放置してしまったら変色してしまいます。

 

 

 

洗剤による変色、気をつけてください。