彷徨う高齢者

防犯意識。今は『奪う』ことに対する意識が二極化している

日本では『他人のものを奪う』ことは罪深いという意識がありました。

落とし物は届けられるケースが多く、農作物の無人直販所に泥棒が入ったという話はあまり聞きません。

一方、高齢者を騙してお金を奪う『特殊詐欺』や、直接金品を奪う『強盗』が頻発しているのも事実です。高齢者を狙うケースが多く【持っている+取りやすい】データを周到に調べて容赦なく実行します。そこには被害者の感情を考慮する余地はなく、とても残酷に思います。

『奪う』ことに対する意識の変化が二極化してきています。


離れて暮らす高齢の身内を見守ることはできないか?

たとえご自身の防犯を徹底したとしても、高齢となったご両親が遠方で暮らしている場合はなにかと不安になります。

このような場合、とりあえず防犯カメラを設置してあげることも方法のひとつです。
防犯カメラは思ったより手に入りやすく、また種類も多く身近になっています。
今ではスマホで監視することもできるタイプの出回っております。


防犯カメラで見守り。スマホ・タブレットで遠隔操作+監視ができる機種を選ぶ

防犯カメラ スマホで管理


防犯カメラを設置する利点は、威嚇効果と撮影した映像の監視と記録です。
それは室内の警備室のような部屋で監視しているイメージがありますが、現在では専用アプリをダウンロードしてスマホやタブレットで遠隔監視ができる機種があります。
最近ではスマホへのプッシュ通知機能により侵入時にお知らせがある機種も見受けられ、進化してきているなと思います。
侵入時にお知らせがあれば、どこにいても外部から在宅中の本人に電話をしたり、通報したりして最悪の事態を防ぐことも可能です。


離れて暮らす両親のための防犯カメラを選ぶポイント

遠隔地から身内を見守るという目的で防犯カメラを選ぶポイントとしましては、


・スマホ・タブレットで遠隔監視ができる機能がある

・侵入者があったときにプッシュ通知によるお知らせ機能がある

・音声の録音ができる

・アナウンス(威嚇)ができる


となります。その上で映像の画質やカメラの角度等を検討しながら選んでいけばよいと思います。もちろん、希望地に設置できるかの確認も必要です。


おすすめの防犯カメラの機種は?

いろいろと見てみた結果、このタイプがおすすめです。



防犯カメラ専門業者から一括して見積りを取るには?

防犯カメラの導入を本格的に考えてみたいけど難しくて・・そんな場合は簡単に比較・一括お問い合わせができる方法がありますので、活用するのは便利です。

防犯カメラ 一括.jp

ホームページ上のお問い合わせフォームに入力するのですが、入力内容は下のようなかんじです。

お問い合わせ情報入力

複数の会社に完全無料で一括お問い合わせができます。

以下のリンクをご参照下さい



設置含めていろいろな提案をしてもらえると思います。

今後も防犯対策については学んでいきたいと思います。

子育て応援とうきょうパスポート



原状回復空室クリーニングはこちらからどうぞ

現状回復空室クリーニング

在宅訪問ハウスクリーニングはこちらからどうぞ

在宅ハウスクリーニング

エアコンクリーニングはこちらからどうぞ

エアコン高圧洗浄クリーニング